【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

波照間方言2変種の音響音声学的比較

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • An Acoustic Phonetic Analysis of Two Varieties of Hateruma Dialect
  • ハショウカン ホウゲン 2 ヘンシュ ノ オンキョウ オンセイガクテキ ヒカク

この論文をさがす

抄録

The aim of this paper is to analyse two varieties of Hateruma dialect, in order to describe diatopic and diachronic changes. Hateruma dialect belongs to the Yaeyama dialect group, and is spoken on Hateruma island as well as in the Shiraho village of Ishigaki island. The paper aims to compare the two varieties through an acoustic phonetic analysis, setting as a parameter the vowel space. It also carries out a comparative analysis between the varieties spoken by different generations, in order to show diachronic changes. The acoustic phonetic approach allows us to gain a deeper understanding of the Hateruma dialect vowel system.

収録刊行物

  • 音声研究

    音声研究 16 (1), 6-15, 2012

    日本音声学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ