[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Transplantation and establishment of <I>Trapella sinensis</I> Oliver in the different water depth

Bibliographic Information

Other Title
  • 異なる水深条件におけるヒシモドキ(<I>Trapella sinensis</I> Oliver)の移植と定着
  • 異なる水深条件におけるヒシモドキ(Trapella sinensis Oliver)の移植と定着
  • コトナル スイシン ジョウケン ニ オケル ヒシモドキ(Trapella sinensis Oliver)ノ イショク ト テイチャク

Search this article

Abstract

絶滅危惧種ヒシモドキの保全対策検討の一助として,異なる水深条件における同種の移植後の定着状況を把握するため,緩勾配で造成された水域に水深を連続的に変化させる2 m × 10 mの移植区を設けた。移植区内部を2 m × 1 mの小試験区として閉鎖花(果実)の移植を行い,ヒシモドキの生育状況,水位および水温を2年間調査した。その結果,各年の調査期間中,水位は70~100 cm変動した。移植2年目には水深50 cm程度の小試験区まで閉鎖花数が100個/小試験区を超えたことから,確実に定着するものと考えた。また,一時的に干上がる小試験区で,閉鎖花数が多かった。一方,水深80 cm程度以上の小試験区では定着できなかった。

Journal

References(3)*help

See more

Details

Report a problem

Back to top