【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

学校教育の情報化に関する現状と今後の展開に関する調査結果

書誌事項

タイトル別名
  • Current Situations and Future Prospects for Informatization of School Education
  • ガッコウ キョウイク ノ ジョウホウカ ニ カンスル ゲンジョウ ト コンゴ ノ テンカイ ニ カンスル チョウサ ケッカ

この論文をさがす

抄録

わが国が推進してきた教育の情報化の現状を明らかにすると共に,教育の情報化の推進に関する要因と,推進を阻害する要因を明確にするために,2度のアンケート調査を実施した.2004年2月と2005年12月に小・中・高5,000校を対象にして調査を行い,一般教員からは合計で8,190,校長などの管理職からは合計で4,731の回答を得た,これら2回の調査について比較することにより,学校における教員によるITの活用が推進されていることを明らかにした.また,管理職に対する調査により,推進のための要因と阻害する要因を明らかにした.また,阻害要因に関する回答について因子分析を行うことにより,5つの因子を抽出し,活用環境や条件の整備,教師のIT活用指導力向上が重要であることを明らかにした.

収録刊行物

被引用文献 (6)*注記

もっと見る

参考文献 (3)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ