PURに基づく科学館の見学事前学習システムの開発と評価

書誌事項

タイトル別名
  • Development and Evaluation of a System to Prepare for a Museum Tour Based on PUR
  • PUR ニ モトヅク カガクカン ノ ケンガク ジゼン ガクシュウ システム ノ カイハツ ト ヒョウカ

この論文をさがす

抄録

近年,市民の「理科離れ」に対して,科学館や研究施設では科学への興味・関心を高めるための教育プログラムやシステム導入を試みている.本研究では,見学に着目し,事前学習のためのWebシステムをPublic Understanding of Research(PUR)に基づき,設計,開発,評価した.本システムの特徴は,ビデオクリップを通じて,研究者が研究を語り,問いかけることによって,学習者の「興味・関心」を喚起し,学習課題の「発見」を支援する点である.更に,個別にワークシートの作成を行い,見学時の課題「解決」を支援する仕組みを導入した.国立天文台とともに実証実験を行い,研究を語ることによる効果(PUR),ならびに,ワークシート作成を含めた見学の事前学習支援が,見学時に極めて重要であり,科学への学習意欲を向上させることが明らかになった.

収録刊行物

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

参考文献 (16)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ