[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Night eating brings not only obese but high blood pressure

DOI
  • Hiraga Hiroyuki
    Department of Internal Medicine, Chuden Hospital, The Chugoku Electric Power Company Incorporated
  • Yatomi Etsuko
    Hiroshima Branch Office, The Chugoku Electric Power Company Incorporated

Bibliographic Information

Other Title
  • HEART's Original [臨床研究] 夕食時刻の遅い若者における健康障害

Abstract

目的:夕食時刻が遅いと太りやすいことはこれまでにもいわれている.一方,肥満は高血圧につながることが知られているが,遅い夕食時刻が高血圧などの生活習慣病につながるかどうかはこれまで報告がない.そこで今回若年者を対象に夕食時刻と生活習慣病の関係について検討した.<BR>方法:対象は30歳以下の男性499名で,夕食を21時以前に摂取しているか否かにより,いつも21時以前に摂取している群(以下,いつも21時以前群)と,21時までに食べるのは時々である群(以下,時々21時以前群),いつも21時以降に摂取している群(以下,いつも21時以降群)に分類し健康診断結果を比較検討した.<BR>結果:夕食時刻の遅いいつも21時以降群ではいつも21時以前群に比し,body mass index(BMI)が大きく(いつも21時以前群22.3±0.2kg/m2,いつも21時以降群24.4±0.7kg/m2),収縮期血圧が高く(いつも21時以前群120.4±0.7mmHg,いつも21時以降群124.3±1.5mmHg),空腹時血糖が低くなっていた(いつも21時以前群86.6±0.5mg/dL,いつも21時以降群83.3±1.1mg/dL).<BR>結論:夕食が遅いほど太っている人,血圧の高い人が多く,血糖の低い人が多いといった変化が発生しており,適切な夕食時刻を守り,サーカディアン・リズムを保つことが重要であると考えられた.

Journal

  • Shinzo

    Shinzo 39 (2), 130-134, 2007

    Japan Heart Foundation

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

  • CRID
    1390001205491657088
  • NII Article ID
    130004415862
  • DOI
    10.11281/shinzo1969.39.2_130
  • ISSN
    05864488
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles

Report a problem

Back to top