自動車燃費規制をめぐる日本と欧州の政策比較研究

書誌事項

タイトル別名
  • A Comparative Policy Analysis of Fuel Economy Regulations between Japan and Europe
  • ジドウシャ ネンピ キセイ オ メグル ニホン ト オウシュウ ノ セイサク ヒカク ケンキュウ

この論文をさがす

抄録

本稿では主要な自動車生産国の中でも,共同規制に基づき世界最高水準の自動車燃費規制を導入している日本と欧州における燃費規制をめぐる政策を比較・分析した。この研究の結果,日本においては省エネルギーと温暖化対策といった志向により数回にわたり推進されてきた背景を有し,産・学・官が協調して燃費規制に関する政策が策定されている事が分かった。これに対して,欧州においては急増する自動車部門からの排出抑制という目的の達成のために欧州委員会から燃費規制値が提案された後,様々な利害対立を背景にした行為主体によって自主目標や自主協定といった様々なアプローチを経て,法的規制により形成されたことが明らかとなった。

収録刊行物

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ