The effect of "ageru-kureru" on the cognition of common benefit in others' give-and-recieve event

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • 他者間授与イベントの共益性認知に与える授与動詞の影響

Description

本研究では、他者間の利益のやり取りを表現する、日本語の「あげる」「くれる」の表記(例:AがBにおみやげをあげた、AがBにお金をくれた)の違いが、利益の授与者(A)、受益者(B)、およびやり取りの観察者(A-Bのやり取りを見ている「私」)それぞれの間で共益性の認知に与える影響を検討した。調査の結果、他者間の利益のやり取り(A-B間の授与イベント)を観察する立場の人間が、「くれる」を用いてそのやり取りを表現する際には、「あげる」を用いてやり取りを表現する際に比べて、受益者Bと観察者間の共益性を高く認知している一方で、授与者Aと受益者Bの共益性を低く認知していることが分かった。

Journal

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390001205676052480
  • NII Article ID
    130005489040
  • DOI
    10.14875/cogpsy.2015.0_64
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top