[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

光老化

DOI

Bibliographic Information

Other Title
  • ヒカリ ロウカ

Search this article

Abstract

光老化は紫外線による慢性皮膚障害で,加齢により生じる内因性あるいは自然老化とは異なる皮膚変化である.症状として露光部の色素沈着(日光黒子,光線性花弁状色素沈着),深い皺(表情筋による皺,項部菱形皮膚),頬部のたるみなどが見られる.機序はUVB,UVAにより角化細胞,線維芽細胞の細胞膜表面のEGF,IL-1,TNF-αなどの受容体が活性化され,細胞内のシグナル伝達系を介して転写因子AP-1を誘導し,matrixmetalloproteinase(MMP)の転写が亢進する.産生された蛋白分解酵素が真皮のコラーゲンやエラスチンを分解し,真皮は損傷を受ける.

Journal

Details

  • CRID
    1390001205735991424
  • NII Article ID
    130004714873
    40019528912
  • NII Book ID
    AN00196602
  • DOI
    10.14924/dermatol.122.3717
  • ISSN
    13468146
    0021499X
  • NDL BIB ID
    024160624
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • NDL
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top