[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Elemental analyzer for lunar and planetary landed exploration : Laser-Induced Breakdown Spectrometer (LIBS) (Special issue: Planetary exploration in a coming decade activity: Reports of 2nd stage)

  • Ishibashi K.
    千葉工業大学惑星探査研究センター
  • Kameda S.
    立教大学理学部物理学科
  • Arai T.
    千葉工業大学惑星探査研究センター
  • Wada K.
    千葉工業大学惑星探査研究センター
  • Kobayashi M.
    千葉工業大学惑星探査研究センター
  • Namiki N.
    千葉工業大学惑星探査研究センター
  • Senshu H.
    千葉工業大学惑星探査研究センター
  • Ohno S.
    千葉工業大学惑星探査研究センター
  • Cho Y.
    東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻
  • Sugita S.
    東京大学新領域創成科学研究科複雑理工学専攻
  • Matsui T.
    千葉工業大学惑星探査研究センター

Bibliographic Information

Other Title
  • 月・惑星着陸探査用元素分析装置 : レーザ誘起絶縁破壊分光装置(LIBS)(特集「月惑星探査の来たる10年:第二段階のまとめ」)
  • 月・惑星着陸探査用元素分析装置 : レーザ誘起絶縁破壊分光装置(LIBS)
  • ツキ ・ ワクセイ チャクリク タンサヨウ ゲンソ ブンセキ ソウチ : レーザ ユウキ ゼツエン ハカイ ブンコウ ソウチ(LIBS)

Search this article

Abstract

レーザ誘起絶縁破壊分光装置(Laser-Induced Breakdown Spectrometer; LIBS)は,測定対象試料上にパルスレーザを照射し,試料の一部をプラズマ化し,プラズマからの発光を分光分析することで,試料に含まれる元素の定量を行う元素分析装置である. LIBSはこれまでの惑星探査に用いられてきた元素分析装置には無い数々の長所を持ち,着陸月・惑星探査における次世代の元素分析装置として期待されている.特に,遠隔性を持ち,迅速な測定が可能であることから,ローバ探査においてその性能が発揮される. LIBSは,原理的に軽元素を含むほぼすべての元素測定が可能な汎用的な元素分析装置であるため,様々な天体における多様な科学目標に対して使用が可能である.現在,日本の次期月探査計画SELENE-2のローバへの搭載を目指して月探査用のLIBS(LIB-S2)を開発中である. LIBSの開発においては,定量正確度の向上,適切な光学系の開発,小型軽量化などの課題があるが, LIB-S2の開発について課題の説明と現状の報告を行う.

Journal

Citations (0)*help

See more

References(18)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top