Kriyasamgrahapanjika

Bibliographic Information

Other Title
  • Kriyasamgrahapanjikaの灌頂論(1) : 瓶灌頂の梵文校訂テクスト及び考察
  • Kriyasamgrahapanjikaの潅頂論-1-瓶潅頂の梵文校訂テクスト及び考察
  • Kriyasamgrahapanjik

Search this article

Abstract

Kriyasamgrahaは,ネパールの密教僧Kuladattaの著した一大儀軌集成である。本文献には数多くの梵文写本,及び西蔵訳が残されているが,今まであまり顧みられてこなかった。そこで筆者は,印度密教儀礼の研究の一助にするべく,本文献の梵文校訂テクストの整定,及び内容の考察を試みることにした。本稿ではその一環として,数ある密教儀礼の内でも最も重要視されている「灌頂次第」を取上げ,その第一段階である「瓶灌頂(kalasabhiseka)」のテクストを提示し,Vajravaliなど他の幾つかの文献と比較しつつその内容について考えてみた。その結果,次第を構成する個々の所作は他の文献中に後付けられるものが大半であるが,その組立方は独特で他に類例のない仕方である,ということが明らかとなった。

Journal

Details

Report a problem

Back to top