美術鑑賞学習におけるメタ認知の役割に関する一考察

書誌事項

タイトル別名
  • The Role of Metacognition in Art Appreciation Learning
  • ビジュツ カンショウ ガクシュウ ニ オケル メタ ニンチ ノ ヤクワリ ニ カンスル イチ コウサツ

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は,美術鑑賞学習におけるメタ認知の役割を明確にすることである。その方法は,まず先行研究のレビューから,美術鑑賞学習とメタ認知のかかわりについて,発達や熟達化,転移,学習者の資質の観点から考察する。また,鑑賞スキルや思考の構造化を方略的知識としてメタ認知するよう促す事例を示し,美術鑑賞学習におけるメタ認知の有効性と今後の研究課題を検討する。その結果,鑑賞スキルを方略的知識としてメタ認知することが中学生以降において可能であることを確認し,また,知識や思考の構造化を方略的知識としてメタ認知することが熟達化や転移を促し,鑑賞の深化にも有効であることを指摘した。一方,メタ認知の精度と鑑賞の質,そして多様な学習者や環境などとの相関分析が今後の課題であるとした。

収録刊行物

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ