Social structure of the first students of Slavic Gymnasium at Brno

DOI Open Access

Bibliographic Information

Other Title
  • 1867年度ブルノスラヴ系ギムナジウム入学者の社会構成

Abstract

1850年代にオーストリアではギムナジウムの近代化改革が遂行された.だが多民族国家であるがゆえに,民族平等の要求と対峙せねばならなかった.1860年代後半まで,モラヴィアでは原則として,ギムナジウムの授業言語はドイツ語であった.モラヴィアのチェコ国民党は,母語でエリート教育を受ける機会を求めて,領邦議会で活発な運動を展開した.その結果1866年,皇帝によりスラヴ系ギムナジウム2校の建設が命じられた.モラヴィアの州都ブルノは工業都市であったが,1867年度,最初にブルノのスラヴ系ギムナジウムに入学した学生の大半は,地方都市と農村の出身者であった.また父の職業構成を調査した結果,農民,手工業者,商人,小学校教員が大半を占め,いわゆる経済市民層,教養市民層の比率はせいぜい15%程度であることが明らかになった.中間層から中間下層のチェコ系住民において,エリート教育への関心が高かったのである

Journal

Related Projects

See more

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390001206351800064
  • NII Article ID
    130005439820
  • DOI
    10.20692/toyotakosenkiyo.14
  • ISSN
    24242276
    02862603
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
    • KAKEN
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top