木材および木質材料の特性評価における破壊力学の適用

書誌事項

タイトル別名
  • Characterization of Fracturing Properties of Wood and Wood Materials Based on Fracture Mechanics
  • モクザイ オヨビ モクシツ ザイリョウ ノ トクセイ ヒョウカ ニ オケル ハカイ リキガク ノ テキヨウ

この論文をさがす

抄録

近年,大型の建築物に木材や木質材料を利用する機会がきわめて増えてきたが,このことは同時に破壊を誘発する潜在的なき裂が存在する可能性が増すことを意味する。したがって,構造物の安全性を保証するためにも木材や木質材料の強度的な性質に破壊力学を適用することが重要であり,この10年程度の間に木材や木質材料の破壊力学的性質の解明も比較的進展してきている。そこで本稿では,木材や木質材料の強度に関する破壊力学的取り扱いについて,近年までの発展の経過と現在も未解決な問題点について述べる。

収録刊行物

  • 木材学会誌

    木材学会誌 52 (4), 185-195, 2006

    一般社団法人 日本木材学会

被引用文献 (11)*注記

もっと見る

参考文献 (156)*注記

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ