【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

抜歯後の止血困難をきっかけに発見された後天性血友病Aの1例

  • 茂木 勝美
    徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野
  • 桃田 幸弘
    徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野
  • 高野 栄之
    徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野
  • 可児 耕一
    徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野
  • 山村 佳子
    徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野
  • 東 雅之
    徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部口腔内科学分野

書誌事項

タイトル別名
  • A case of acquired hemophilia A incidentally diagnosed on postoperative bleeding after tooth extraction
  • バッシ ゴ ノ シケツ コンナン オ キッカケ ニ ハッケン サレタ コウテンセイ ケツユウビョウ A ノ 1レイ

この論文をさがす

抄録

Acquired hemophilia A is a rare disease. It is caused by the acquirement of factor VIII inhibitor. We report a case of acquired hemophilia A incidentally diagnosed on bleeding after tooth extraction. A 75-yearold woman referred to our hospital because of bleeding after tooth extraction. Hematological examination revealed a prolonged activated partial thromboplastin time (APTT) and decreased coagulation activity of factor VIII. In addition, a high level of factor VIII inhibitor was detected. Therefore, our patient was given a diagnosis of acquired hemophilia A. The patient was admitted to our hospital and received corticosteroids and bypass hemostasis using recombinant coagulation factor VII. On hospital day 42, APTT and factor VIII activity returned to the normal range. Moreover, factor VIII inhibitor disappeared. The patient was discharged and is being treated at a local general hospital.

収録刊行物

参考文献 (8)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ