【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

若年女性の冷え症に対する下肢への低周波鍼通電療法の効果—SF-8の下位尺度‘体の痛み’得点を指標とした比較検討—

  • 坂口 俊二
    関西医療大学 鍼灸学ユニット
  • 久下 浩史
    大阪医科大学附属病院 麻酔科 筑波技術大学 保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻
  • 竹田 太郎
    明治国際医療大学 臨床鍼灸学教室
  • 小島 賢久
    森ノ宮医療大学 保健医療学部 鍼灸学科
  • 宮嵜 潤二
    宝塚医療大学 保健医療学部 鍼灸学科
  • 佐々木 和郎
    鈴鹿医療科学大学 鍼灸学部 鍼灸学科
  • 森 英俊
    筑波技術大学 保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻

書誌事項

タイトル別名
  • Effects of Electro-Acupuncture Therapy (EAT) to the Lower Limbs of Young Women who Suffer from Chilly Constitution (‘<I>Hie</I>’symptoms)—As judged by bodily pain (BP) score of Medical Outcomes Study Short-Form-8 Survey (SF-8)—
  • 若年女性の冷え症に対する下肢への低周波鍼通電療法の効果 : SF-8の下位尺度'体の痛み'得点を指標とした比較検討
  • ジャクネン ジョセイ ノ ヒエ ショウ ニ タイスル カシ エ ノ テイシュウハシンツウデン リョウホウ ノ コウカ : SF-8 ノ カイ シャクド'カラダ ノ イタミ'トクテン オ シヒョウ ト シタ ヒカク ケントウ

この論文をさがす

抄録

目的:冷え症(血管運動神経障害)者を健康関連 QOL の一つである SF-8 の下位尺度 ‘体の痛み(BP)’ 得点で 2 群に分類し、下肢への低周波鍼通電療法(EAT)の効果を比較検討した。<br>方法:対象は冷え症を自覚し、体位変換試験(起立試験)により下肢血管反応に異常を呈した女性 20 名(平均年齢 20.6±2.5 歳)とした。EAT は週 1 回、計 5 回、左右三陰交(SP6)に 40 mm·20 号のステンレス鍼を約 15 mm 刺入して周波数 1Hz で 20 分間とした。評価には冷えを含む 14 症状の 6 件法と冷えの程度をVisual Analogue Scale(VAS)で回答する独自の評価票(冷え日記)を用いた。また、健康関連 QOL には SF-8 日本語版(スタンダード版)を用いた。<br>結果:対象者は、治療前の SF-8 の BP 得点が国民標準値 42.75 点より得点の低い(QOLが低い)L 群 12 名と得点の高い(QOL が高い)H群8名に分類した。VAS 値には両群間でEATによる有意な改善はみられなかったが、14 症状の合計得点は L 群で治療第2週から治療前に比べて有意に低下し、その効果は治療終了 1 カ月後まで持続していた。SF-8 の下位尺度では、L 群で VT の得点が治療前に比して治療終了 1 ヵ月後に、BP·MH の得点が治療前に比して治療後、治療終了 1 ヵ月後に有意に増加した。<br>結語:三陰交への EAT は冷え症者の全身症状および健康関連 QOL の改善に寄与し、その効果は健康関連 QOL が低い(BP が強い)ほど高いことが示唆された。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (18)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ