タウリン添加による代謝制御に関するマイオカインの応答

  • 時野 谷勝幸
    筑波大学  医学医療系  臨床検査医学/スポーツ医学研究室
  • 吉田 保子
    筑波大学  医学医療系  臨床検査医学/スポーツ医学研究室
  • 菅澤 威仁
    筑波大学  医学医療系  臨床検査医学/スポーツ医学研究室
  • 森田 将平
    筑波大学  医学医療系  臨床検査医学/スポーツ医学研究室
  • 竹越 一博
    筑波大学  医学医療系  臨床検査医学/スポーツ医学研究室

Bibliographic Information

Other Title
  • タウリン テンカ ニ ヨル タイシャ セイギョ ニ カンスル マイオカイン ノ オウトウ

Search this article

Abstract

我々は主に骨格筋におけるマイオカインに対する 応答をタウリンが刺激するかを目的として ex vivo による解析を行った。その結果、タウリンの負荷に よって、マイオカインの遺伝子発現が上昇した。そ の応答は、特に速筋線維タイプである長指伸筋で鋭 敏であった。IL-15、Irisin、FGF-21 といった糖代 謝に関わるマイオカインの遺伝発現の上昇が得られ た。本研究は、骨格筋の機能を解析するために ex vivo での検証を行ったが、今後は in vivo における タウリン蓄積の影響や臓器間のクロストークを想定 してマイオカインの動態を追いたい。

Journal

Details

Report a problem

Back to top