提示方法の違いによる情報アクセス行動の分析とWebインタフェース設計に関する一検討

DOI

Description

<p>情報へアクセスするかどうかの判断は提示された情報を元におこなわれる。例えば、Webコンテンツであれば検索エンジンが提示するタイトルやスニペットが用いられる。提示される情報によっては、良質な情報であってもアクセスが阻害される場合もある。逆に不十分な情報であってもアクセスが促進される場合もある。本研究では提示される情報によりユーザの行動がどのように変化するか検証し、Webインタフェースの一検討を行う</p>

Journal

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390001288047102208
  • NII Article ID
    130007424963
  • DOI
    10.11517/pjsai.jsai2012.0_1c1r57
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top