沖縄地域における作型が異なる紫カンショ塊根中のアントシアニン量の比較

DOI

Abstract

沖縄県奨励の紫カンショ品種「備瀬」,「沖夢紫」,「ちゅら恋紅」を春植え作型と秋植え作型で栽培し,収穫したカンショ塊根中のアントシアニン量に及ぼす作型の影響について調査を行ったところ,作型の影響は品種間で異なる点もあるが,今回供試した3品種の調査から秋植えでは春植えよりアントシアニン量が多くなると判断された.また,秋植え作型の「沖夢紫」の塊根中ではYGM-1aが,「ちゅら恋紅」の塊根中ではYGM-5aが春植え作型の塊根より顕著に増大することが明らかとなった.

Journal

Details 詳細情報について

  • CRID
    1390001288099380224
  • NII Article ID
    130007529799
  • DOI
    10.24813/kbcs.84.0_24
  • ISSN
    24337757
    02853507
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top