【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

南琉球・多良間島方言の格再考 : ni:格,Nka格を中心に

書誌事項

タイトル別名
  • ミナミリュウキュウ ・ タリョウ カントウ ホウゲン ノ カクサイコウ : ni:カク,Nkaカク オ チュウシン ニ

この論文をさがす

抄録

沖縄国際大学

Okinawa International University

下地(2003)をはじめとするこれまでの先行研究では,多良間島方言の格の形式は,O格,nu格,ga格,ju格,ba格,ni格,tu格,sji:格,kara格,Nka格,Nke:格,gami格の12形式(周辺的な接辞であるjuL,ti:を含めれば14形式)であるとされてきた。だが改めて考察を行ったところ,ni:格という〈道具,手段〉をあらわす新たな格形式をみとめる必要のあることが明らかになった。これは,これまでni格に含められてしまっていた形式である。また-Nkaについても,格として機能するものと「中,内」という語彙的意味を名詞に付加する派生接辞的なものという,2つを区別して捉えなければならないことを明らかにした。

Prior studies, including my previous arguments, have asserted that there are 12 to 14 case forms in the Tarama dialect: -O, -nu, -ga, -ju, -ba, -ni, -tu, -sji:, -kara, -Nka, -Nke:, -gami (-juL, -ti:). However, because of a reconsideration of Tarama case, it is necessary to recognize a new instrumental case form -ni:. Previously, this case form had been included under the case particle ni. I also propose that Tarama has two varieties of the form -Nka: the first being a case particle, and the other a derivational suffix that attaches the lexical meaning "inside" to nouns. With these two points in mind, I use this paper to provide a reanalysis of case in Tarama.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ