Automatic Recognition of Wokototen Table Using Kunten Database

Bibliographic Information

Other Title
  • 訓点データベースと点図の自動判別

Search this article

Abstract

本稿では,訓点研究の成果である点図を収録した訓点データベースについて論じる.点図をデータベース化することで,訓点研究の過程で移点や,釈文,書き下し文の作成を行うときの情報検索が容易になる.また,訓点研究の知を集合化し,計算機を用いて解析を行うことで,これまで手作業だった訓点の比較研究を効率化する.訓点データベースの活用事例として,計算機による点図の分類を試みた.実際の訓点資料から作成された点図のうち,これまでの訓点研究において第1群から第8群に分類された正解の分かっている点図に対して,計算機を用いて自動的に分類を判定し,その精度を検証した.その結果,重要位置9カ所にある「・」形状の点に着目して計算を行うことで,95%を超える正答率を得られることが分かった.

In this paper, we discuss a Kunten Database that contains point diagrams that are the results of Kunten study. Kunten Database offers easy searching of Kunten information and Wokototen Table. It assists comparative studies of Kunten that were previously hand worked. As an example of using the Kunten database, we tried to automatically recognition of Wokototen table by computer. We used Kunten data in Kunten Database to automatically determine the classification of the Wokototen table, and verified the classification accuracy. As a result, the correct answer rate was 95% or more can be obtained by focusing on the shape and position of Kunten.

Journal

Related Projects

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top