地方都市における住宅侵入盗被害と地区特性との関連

書誌事項

タイトル別名
  • The relationship between victimization of residential burglary and characteristics of neighborhoods
  • 地方都市における住宅侵入盗被害と地区特性との関連 : 市街地と手口の特徴に着目して
  • チホウ トシ ニ オケル ジュウタク シンニュウトウヒガイ ト チク トクセイ ト ノ カンレン : シガイチ ト テグチ ノ トクチョウ ニ チャクモク シテ
  • Analysis focusing on the physical environments and way of break-in
  • 市街地と手口の特徴に着目して

この論文をさがす

抄録

茨城県下における住宅侵入盗被害率が全国で最も悪い水準であるが,既往研究の対象地は大都市にとどまり,これらの知見が茨城県下のような地方都市においても有効かは十分に検討されていない.そこで,茨城県下の複数市を対象に,住宅侵入盗被害の地理的分布の実態と,地区特性との関連を明らかにし,既存研究の知見と比較した.また,侵入手口に着目し,施錠/無施錠別に,被害と地区特性の関連を分析した.主要な結果としては,I)被害のホットスポットは分散傾向であり飛び地的に存在する,II)被害の多寡は大都市と共通の特徴も逆の特徴も持つ,III)無施錠被害は施錠被害と比較して農村的な特性を持った地区に多い,である.本研究によって,大都市で行われてきた既往研究とは異なる知見,さらには,施錠/無施錠別の被害特徴の知見が得られたことから,より地方都市の地区特性に適した,また,侵入手口に即した対策を実施することが可能になると考えられる.

収録刊行物

  • 都市計画論文集

    都市計画論文集 50 (3), 824-831, 2015-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献 (3)*注記

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ