【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ヤブツバキとシギゾウムシの軍拡競走 (<特集1>生態学における理論研究と実証研究の連携)

  • 佐々木 顕
    九州大学大学院理学研究院:IIASA:(現)総合研究大学院大学葉山高等研究センター生命共生体進化学
  • 東樹 宏和
    九州大学大学院理学研究院
  • 井磧 直行
    九州大学大学院理学研究院

書誌事項

タイトル別名
  • Arms race of Japanese camellia Camellia japonica and camellia weevil Curculio camelliae : Coevolution theory and geographical cline
  • ヤブツバキとシギゾウムシの軍拡競走
  • ヤブツバキ ト シギゾウムシ ノ グンカク キョウソウ

この論文をさがす

抄録

日本のヤブツバキCamellia japonicaの種特異的な種子食害者であるツバキシギゾウムシCurculio camelliaeの雌成虫は、頭部の先に伸びた極端に長い口吻を用いてツバキの果実を穿孔し、果実内部の種子に産卵を行う。このゾウムシ雌成虫の攻撃に対し、ツバキ側も極端に厚い果皮という防衛機構を発達させている。日本の高緯度地方ではヤブツバキの果皮は比較的薄く、ツバキシギゾウムシの口吻も比較的短いが、低緯度地方では果皮厚と口吻長の両者が増大するという地理的なクラインが見られ、気候条件に応じて両者の軍拡共進化が異なる平衡状態に達したと考えられる。日本15集団の調査により口吻長と果皮厚には直線関係が見られ、また、両形質が増大した集団ほどゾウムシの穿孔確率が低いツバキ優位の状態にあることが東樹と曽田の研究により知られている。ここではツバキとゾウムシの個体群動態に、口吻長と果皮厚という量的形質の共進化動態を結合したモデルにより、共進化的に安定な平衡状態における口吻長と果皮厚との関係、穿孔成功確率、それらのツバキ生産力パラメータや果皮厚と口吻長にかかるコストのパラメータとの関係を探った。理論の解析により、(1)ツバキ果皮厚と、ゾウムシの進化的な安定な口吻長との間には、口吻長にかかるコストが線形であるときには直線関係があること、(2)コストが非線形であるときにも両者には近似的な直線関係があること、(3)南方の集団ほどツバキの生産力が高いとすると、緯度が低下するほど果皮厚と口吻長がより増大した状態で進化的な安定平衡に達すること、(4)ゾウムシの口吻長にかかるコストが非線形である場合、ゾウムシの平均口吻長が長い集団ほどゾウムシによる穿孔成功率が低くなることを見いだした。これは東樹と曽田が日本のヤブツバキとツバキシギゾウムシとの間に見いだした逆説的関係であり、ツバキシギゾウムシ口吻長には非線形コストがかかると示唆された。平均穿孔失敗率と口吻長との間に期待されるベキ乗則の指数から、ゾウムシの死亡率はその口吻長の2.6乗に比例して増加すると推定された。

収録刊行物

  • 日本生態学会誌

    日本生態学会誌 57 (2), 174-182, 2007

    一般社団法人 日本生態学会

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

参考文献 (41)*注記

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1390282679269155584
  • NII論文ID
    110006419254
  • NII書誌ID
    AN00193852
  • DOI
    10.18960/seitai.57.2_174
  • ISSN
    2424127X
    00215007
  • NDL書誌ID
    8947135
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • NDL
    • CiNii Articles
  • 抄録ライセンスフラグ
    使用不可

問題の指摘

ページトップへ