【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

膵・胆管合流異常の診断基準2013

  • 神澤 輝実
    日本膵・胆管合流異常研究会 日本膵・胆管合流異常研究会診断基準検討委員会 東京都立駒込病院内科
  • 安藤 久實
    日本膵・胆管合流異常研究会 日本膵・胆管合流異常研究会診断基準検討委員会 愛知県心身障害者コロニー
  • 濵田 吉則
    日本膵・胆管合流異常研究会 日本膵・胆管合流異常研究会診断基準検討委員会 関西医科大学附属枚方病院小児外科
  • 藤井 秀樹
    日本膵・胆管合流異常研究会 日本膵・胆管合流異常研究会診断基準検討委員会 山梨大学第一外科
  • 越永 従道
    日本膵・胆管合流異常研究会 日本膵・胆管合流異常研究会診断基準検討委員会 日本大学小児外科
  • 漆原 直人
    日本膵・胆管合流異常研究会 日本膵・胆管合流異常研究会診断基準検討委員会 静岡県立こども病院小児外科
  • 糸井 隆夫
    日本膵・胆管合流異常研究会 日本膵・胆管合流異常研究会診断基準検討委員会 東京医科大学消化器内科

書誌事項

タイトル別名
  • Diagnostic criteria for pancreaticobiliary maljunction 2013

この論文をさがす

抄録

Pancreaticobiliary maljunction (PBM) is a congenital malformation in which the pancreatic and bile ducts join anatomically outside the duodenal wall. Since the duodenal papillary sphincter fails to exert any influence on the pancreaticobiliary junction, reciprocal reflux between pancreatic juice and bile occurs, resulting in various pathologic conditions in the biliary tract and pancreas. For diagnosis of PBM, an abnormally long common channel and/or an abnormal union between the pancreatic and bile ducts must be evident on direct cholangiography, such as endoscopic retrograde cholangiopancreatography, percutaneous transpehatic cholangiography, or intraoperative cholangiography; magnetic resonance cholangiopancreatography; or three-dimensional drip infusion cholangiography computed tomography. Elevated amylase levels in bile and extrahepatic bile duct dilatation strongly suggest the existence of PBM.

収録刊行物

  • 胆道

    胆道 27 (5), 785-787, 2013

    一般社団法人 日本胆道学会

被引用文献 (2)*注記

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ