脳動脈瘤・脳動静脈奇形に対するhybrid手術の現状と展望

DOI 被引用文献1件 参考文献13件 オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Hybrid Cerebrovascular Surgery for Complex Cerebral Aneurysms and Arteriovenous Malformations
  • —直達術の立場より—

この論文をさがす

抄録

 高難度脳動脈瘤 (AN) および脳動静脈奇形 (AVM) に対する直達術と血管内手術の同時手術 (hybrid surgery) の初期治療経験について報告する. 手術は全例でhybrid ORを使用し, AN症例ではclippingで動脈瘤のneck形成あるいはdome clippingを行い, 引き続きremnantに対してcoil塞栓を行った. AVM症例では開頭後にstrategic feederに対するNBCA/Onyxによる塞栓を行い, 引き続きnidusを摘出した. 術後は全例でAN/AVMの完全な消失が確認され, 良好な予後 (mRS 0-2) が得られている. 高難度ANやAVMに対して, 必要に応じて術中3D-angiographyや塞栓術が施行できるhybrid ORの有用性は高い. Hybrid surgeryは今後multimodal treatment時代の一つの治療optionとなり得る. 代表的症例を用いて手術の基本strategyを提示する.

収録刊行物

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

参考文献 (13)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ