脳動静脈奇形直達術の治療判断と合併症回避のための手術手技

書誌事項

タイトル別名
  • Current Treatment Strategies and Neurosurgical Practice for Cerebral AVMs

この論文をさがす

抄録

 血管内塞栓術や定位的放射線治療の進歩, また術中のモニタリングや各種画像支援の普及により, 脳動静脈奇形に対する治療成績は近年飛躍的に向上した. しかし最近のARUBA studyの結果から, 非出血例の治療適応に新たな議論が生じており, また各種の先行治療を受けた病変や出血急性期の外科治療など, 現在でも種々のcontroversyが存在する. 本稿では, 当科における現在のAVMに対する基本的な治療戦略と, それぞれの病態における直達術の適応, および合併症回避のための手術手技について, 具体的症例を提示して報告した.

収録刊行物

被引用文献 (1)*注記

もっと見る

参考文献 (21)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ