【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

力覚の主体性を活用した教示手法に関する研究(「複合現実感3」特集)

  • 嵯峨 智
    東京大学大学院情報理工学系研究科
  • 川上 直樹
    東京大学大学院情報理工学系研究科
  • 舘 〓
    東京大学大学院情報理工学系研究科

書誌事項

タイトル別名
  • A Study on Teaching Methods utilizing a Proactivity in Haptics
  • 力覚の主体性を活用した教示手法に関する研究
  • リキカク ノ シュタイセイ オ カツヨウ シタ キョウジ シュホウ ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

抄録

We propose a haptic teaching system that uses haptic device to teach some handwork skills. Specifically, we chose some tasks with pencil-like devices and examined how to teach expert's handwork skills. We propose a new haptic teaching method, in which the haptic device produces force that is opposite in direction. The operator try to cancel the force and consequently, necessary force is "proactively" generated. Our hypothesis is that this "proactiveness" is essential for haptic teaching. We made a prototype system and compared our methods with existing teaching methods.

収録刊行物

被引用文献 (16)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ