【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

濃度差による光の屈折現象の教材化

書誌事項

タイトル別名
  • Refraction of Light through a Medium with Concentration Gradient as a Teaching Material

この論文をさがす

抄録

著者らは,既にシャーレを用いた水レンズを使い,光の屈折原因の一つに溶液濃度が関係することを演示する教材を開発し報告した。しかし,レンズの使用により,学習の複雑さが増すという指摘もある。本報では,ショ糖水溶液と蒸留水とを寒天で固めて重ねた観察槽を用いることで,溶液の濃度が原因となる光の屈折現象を簡便に観察できる教材を製作した。実際に,公立小学校6年生に,濃度差によって生じる光の屈折現象を観察させたところ,驚きのある教材は科学的なものの見方を付けるために有効であることが示唆された。

収録刊行物

  • 物理教育

    物理教育 52 (4), 323-324, 2004

    日本物理教育学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (2)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1390282679491015040
  • NII論文ID
    110007491223
  • NII書誌ID
    AN0021972X
  • DOI
    10.20653/pesj.52.4_323
  • ISSN
    24321028
    03856992
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • CiNii Articles

問題の指摘

ページトップへ