【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

複数視点画像の局所特徴量を用いた三次元物体の部分検索手法(画像・メディア処理技術,および一般)

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • Partial 3D Shape Retrieval Using Local Features Based on Multiple View Points
  • 複数視点画像の局所特徴量を用いた三次元物体の部分検索手法
  • フクスウ シテン ガゾウ ノ キョクショ トクチョウリョウ オ モチイタ サンジゲン ブッタイ ノ ブブン ケンサク シュホウ

この論文をさがす

抄録

近年,三次元物体の形状類似検索の研究が注目を集めている.しかし,現実的な応用を考えると,「部分」から「全体」を検索できるような部分検索ができることが重要である.本稿では,三次元物体の部分検索を目的とした新しい特徴量KAZE+VLADを提案する.KAZE+VLADでは,まず,三次元物体より複数視点で生成したDepth Buffer画像から,局所特徴量としてKAZEを抽出する.そして,エンコーディング手法にVLADを用いて,局所特徴量群を三次元物体の特徴量として統合する.局所的な形状を捉えた特徴量を用いることで,三次元物体の部分検索を実現する.Princeton Segmentation Benchmarkをもとに作成した,部分検索データセットを用いた比較実験で,KAZE+VLADは,D2やMFSDといった従来手法よりも優れた検索性能を得た.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ