下関開催記念シンポジウム1  シェーグレン症候群発症におけるHTLV-Iの関与

  • 中村 英樹
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 展開医療科学講座(第一内科)
  • 高橋 良子
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 展開医療科学講座(第一内科)
  • 寶來 吉朗
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 展開医療科学講座(第一内科)
  • 中島 好一
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 展開医療科学講座(第一内科)
  • 中村 龍文
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 新興感染症病態制御学系専攻
  • 川上 純
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 展開医療科学講座(第一内科)

Search this article

Abstract

 HTLV-Iの高浸淫地域である長崎ではシェーグレン症候群(SS)でのHTLV-Iの陽性率が高く,HTLV-I関連脊髄症(HAM)においても高頻度にSSがみられる.HTLV-I感染の有無でFas/FasLやXIAPなど唾液腺細胞死関連蛋白発現の差はなかったが,唾液腺造影と口唇生検陽性率の比較から抗HTLV-I陽性SS群では唾液腺破壊が生じやすいことが明らかとなった.この一因として異所性二次濾胞(GC)の陽性率を検討し,抗HTLV-I抗体陰性SSでGCを有する症例ではCXCL13が高発現していた.CXCL13発現はGCを持たない抗HTLV-I抗体陰性SSや抗HTLV-I抗体陽性SSでも一部観察されたが,HAM-SS症例では,炎症細胞浸潤はあるもののCXCL13発現は観察されなかった.さらに,CXCL13産生細胞である濾胞性樹状細胞の発現とCXCL13発現検討では,GCを有する抗HTLV-I抗体陰性SSにおいて両者は共発現を示した.HTLV-I関連SSの病態の更なる解析のため,HAM患者脊髄液より樹立された細胞株HCT-5と,SS患者口唇生検組織から得られた唾液腺上皮細胞の共培養を行い,上清のサイトカインアレイを行った.sICAM-1やRANTESなど細胞接着・遊走に関わる分子やIP-10などの発現亢進が観察された.一方,共培養時のライセートのアポトーシスアレイでは,pro-caspase 3やFasなど細胞死を誘導する分子の他HSP27など抗アポトーシス分子の発現亢進も観察された.<br>  これらのアレイ解析の結果は,HCT-5のSS唾液腺上皮細胞に対する間接的作用あるいは直接的な作用のいずれかが想定されるが,HTLV-IのSS唾液腺上皮に対する直接的な作用の有無について,現在検討中である.<br>

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top