[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

P1-018  ループス腎炎のメサンギウム細胞におけるCalcium/calmodulin-dependent protein kinase type IVの役割

  • 一瀬 邦弘
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座(第一内科) ベス・イスラエル・ディーコネスメディカルセンター
  • 川上 純
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座(第一内科)
  • Tsokos George C.
    ベス・イスラエル・ディーコネスメディカルセンター

Search this article

Abstract

  〈目的〉全身性エリテマトーデス(SLE)に合併した腎病変は未だに死因の主要因となっている.SLEのT細胞ではCalcium/calmodulin-dependent protein Kinase Type IV (CaMKIV)の発現が増加しており,T細胞機能の異常を引き起こすことが報告されている.そこで我々はSLEのモデルマウスであるMRL/lprマウスを用いて,CaMKIVの腎臓メサンギウム細胞の機能制御についての検討を行った.〈方法〉8週齢のMRL/lprマウスとそのコントロールマウスであるMRL/MPJ, MRL/lpr.Camkiv−/−マウスの腎臓からメサンギウム細胞を分離培養し,PDGF-BB刺激でのフローサイトメトリーとウェスタンブロット解析による細胞増殖とPCR法によるIL-6発現,Electrophoresis Mobility Shift Assay (EMSA)によるIL-6プロモーター活性についての検討を行った.〈結果〉MRL/lpr.Camkiv−/−マウスメサンギウム細胞の細胞周期はG0/G1期にシフトし増殖が抑制されていた.ウェスタンブロット解析では増殖に関与するCDK2およびcyclin-D1の発現が低下していた.またメサンギウム細胞由来のIL-6 mRNAレベルもCaMKIVの欠失により低下しており,IL-6プロモーターにおける転写因子activator protein-1(AP-1)の結合とAP-1の核内移行が抑制されていた.〈結論〉CaMKIVはループス腎炎における治療のターゲットとなり得ることが示唆された.<br>

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top