本州日本海沿いの遠隔地における降雪中の無機小球体粒子の組成と長距離輸送

  • 今井 昭二
    徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部基礎科学研究部門
  • 山本 祐平
    徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部基礎科学研究部門
  • 上村 健
    株式会社日立ハイテクノロジーズ大阪オフィス

書誌事項

タイトル別名
  • Classification and Long-range Transport of Inorganic Small Spherical Particles in Snow Collected at Remote Area along Japan Sea in Honshu Island, Japan
  • アナリティカルレポート 本州日本海沿いの遠隔地における降雪中の無機小球体粒子の組成と長距離輸送
  • アナリティカルレポート ホンシュウ ニホンカイ ゾイ ノ エンカクチ ニ オケル コウセツ チュウ ノ ムキ ショウキュウタイ リュウシ ノ ソセイ ト チョウキョリ ユソウ

この論文をさがす

抄録

In order to investigate the long-range transfer mechanism of inorganic small spherical particles in wet-depositions on mountains and remote areas along the Japan Sea in Honshu Island, Japan in 2014 and 2015, other than the summit of Mt. Kajigamori in Shikoku Island, Japan, the residue was obtained with a 0.45 μm pore-sized filter and a single-particle analysis was carried out for ones below 3 μm by using a Low-Vacuum Tabletop SEM-EDX. Particles were classified in six categories according to their compositions. In this work, it was found that a new category type of distribution patterns of the particles (Al-Si particle) was presented, and proposed that depended on the 24 h back-trajectory in Russia near the coast area of Japan Sea. Relationship between classification and back trajectory of air mass was investigated and discussed.

収録刊行物

  • 分析化学

    分析化学 65 (4), 211-219, 2016

    公益社団法人 日本分析化学会

被引用文献 (3)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ