炭酸飲料水の“一気飲み”が原因と考えられた胃破裂の1例

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • A Case of Spontaneous Rupture of the Stomach After Drinking an Entire Sodium Bicarbonate Drink in one Draft

この論文をさがす

抄録

症例は27歳男性。食事後の炭酸飲料水の“一気飲み”(約500mL)直後に,突然の上腹部痛が出現し,救急車で搬送来院した。胸腹部造影CT検査で縦郭気腫と上腹部の遊離ガスを認めた。上部消化管破裂が疑われたため,水溶性造影剤(ガストログラフィンⓇ)による上部消化管造影検査を行った。胃体上部小弯側から造影剤の流出を認め,特発性胃破裂と診断し緊急手術を行った。胃体上部小弯側に,裂創部を認め,裂創部周辺は虚血変化がなかったため,裂創部を2層に縫合閉鎖して腹腔洗浄ドレナージを行った。術後経過は良好で,術後12日目に歩行退院した。炭酸飲料水の“一気飲み”による胃破裂は,本邦での最初の報告である。

収録刊行物

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ