[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Automatic Deriviation of Event-Based Document Transformations

Bibliographic Information

Other Title
  • イベント駆動型文書変換器の自動生成
  • イベント クドウガタ ブンショ ヘンカンキ ノ ジドウ セイセイ

Search this article

Abstract

構造化文書変換をプログラムするには,文書全体の木構造をメモリ上に展開し,その木構造を変換するのが自然かつ容易だが,この方法では入力のサイズに比例したメモリ容量が必要になる.本稿では,文書の木構造に基づく変換の定義から,イベント駆動型と呼ぶ,変換時に木構造をメモリ上に展開しない文書変換器を自動生成するアルゴリズムを提示する.これによりメモリ効率の良い構造化文書変換を容易に生成することが可能になる.

Journal

  • Computer Software

    Computer Software 19 (4), 289-295, 2002

    Japan Society for Software Science and Technology

References(9)*help

See more

Details

  • CRID
    1390282679715297920
  • NII Article ID
    110003744136
  • NII Book ID
    AN10075819
  • DOI
    10.11309/jssst.19.289
  • NDL BIB ID
    6204700
  • ISSN
    02896540
  • Text Lang
    ja
  • Data Source
    • JaLC
    • NDL
    • CiNii Articles
  • Abstract License Flag
    Disallowed

Report a problem

Back to top