側頭骨組織病理標本データベース構築

DOI
  • 高橋 晴雄
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科耳鼻咽喉・頭頸部外科学分野
  • 森 望
    香川大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 伊藤 健
    帝京大学医学部耳鼻咽喉科
  • 遠藤 周一郎
    山梨大学大学院医学工学総合研究部耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 小川 洋
    福島県立医科大学会津医療センター耳鼻咽喉科
  • 萩森 伸一
    大阪医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 山野 貴史
    福岡大学医学部耳鼻咽喉科

書誌事項

タイトル別名
  • Establishment of the nationwide database system of human temporal bone histopathological specimens

この論文をさがす

抄録

日本耳科学会では、国内の施設に保存されている側頭骨組織病理標本を整備してデータベースを作成し、それを学会ホームページに掲載する事業を進めることになった。これにより、会員が正常耳や特定の耳疾患の組織病理標本の所在地、数などを知ることができ、その標本を活用することにより多数例のデータが収集・分析できて、我が国の教育・臨床のレベルや耳科学研究の国際競争力の向上を図るものである。本事業の名称は、日本耳科学会側頭骨 (組織病理標本) データベース構築プロジェクトで、その事業内容は大別して以下の二つである。<br>I. 側頭骨組織病理標本のデータベース構築<br>II. 代表的側頭骨組織病理標本写真の掲載<br>本稿では、その事業内容、側頭骨標本保有施設、データベースの項目、問題点などについて解説した。本事業による側頭骨組織病理学の普及を通じて、日本耳科学会会員の教育、研究に貢献し、我が国の耳科臨床レベル、研究の国際競争力の向上が期待できる。

収録刊行物

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ