超微細加工技術を用いた埋め込み型聴覚デバイス開発: 人工感覚上皮開発

  • 中川 隆之
    京都大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科

書誌事項

タイトル別名
  • Artificial cochlear epithelium: Development of totally implantable hearing device using micro electro mechanical system

この論文をさがす

抄録

蝸牛有毛細胞の障害は、感音難聴の主因であり、有毛細胞再生が可能となれば、感音難聴に根本的治療の道筋が拓かれる。しかし、哺乳類における蝸牛有毛細胞再生による聴覚再生は、現時点では困難である。そこで、生物学的な再生へのストラテジーにこだわらず、超微細加工技術など工学的な技術の進歩を応用して、有毛細胞再生にテクノロジー側からのアプローチを試みた。蝸牛には、完全に有毛細胞が失われた状態でも、受動的周波数弁別能力が残っていることに着目し、この受動的周波数弁別能を利用し、振動刺激を電気刺激に変換することができる圧電素子膜を蝸牛の基底板近傍に留置することによる聴覚再生の可能性を検討した。音響による振動刺激を電気刺激に変換する圧電素子膜を開発し、人工聴覚上皮と命名した。本稿では、人工聴覚上皮の開発コンセプト、開発プロセス、今後の課題について解説する。

収録刊行物

参考文献 (12)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ