Duration as a Cue to Perceive English Sentence Stress by Japanese Learners of English vs. Native Speakers of American English

Bibliographic Information

Other Title
  • 英語の文強勢知覚における持続時間の役割 : 日本人英語学習者と米語母語話者の比較

Search this article

Abstract

米語話者と日本人英語学習者が,英語の文強勢知覚の手掛りとして,持続時間をどのように用いるかを調べる聴取実験を行った。男性米語話者がノーマル・ストレスで発話した"they thought about the report"をもとに,(A)'they'の持続時間と,(B)"they thought"におけるF0曲線('they'を'thought'より高くするか,低くするか)を加工した音刺激を,米語話者と日本人英語学習者に聞いてもらい,どの語に第一文強勢を知覚したかを調べた。実験の結果は,日米の被験者ともに,'they'の持続時間が同じであれば,'they'が'thought'より高い音刺激に,文強勢を知覚する率が高かった。しかし,'they'に文強勢を知覚するのに必要な持続時間は,日本人被験者の方が,米国人被験者より,長い傾向にあることがわかった。

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top