Social Phobia Scale と Social Interaction Anxiety Scale 日本語版の開発

書誌事項

タイトル別名
  • Development and Validation of the Japanese Version of Social Phobia Scale and Social Interaction Anxiety Scale
  • Social Phobia Scale ト Social Interaction Anxiety Scale ニホンゴバン ノ カイハツ

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は, 他者からみられることに対する不安を測定するSocial Phobia Scale(SPS)と, 対人交流に対する不安を測定するSocial Interaction Anxiety Scale(SIAS)の翻訳版を開発することであった. 大学生615名, 社会恐怖患者21名を対象に自記式の調査を行い, 探索的因子分析を行ったところ, SPSは1因子20項目, SIASは2因子20項目で構成され, 各尺度の内的整合性は高かった. また, SPSとSIASともに社会恐怖患者と大学生を弁別することが可能であり, Fear of Negative Evaluation Scale(FNE), Liebowitz Social Anxiety Scale(LSAS)と中程度の正の相関関係にあった. 以上の結果から, SPSとSIASは高い信頼性と妥当性を有することが明らかにされた.

収録刊行物

  • 心身医学

    心身医学 44 (11), 841-850, 2004

    一般社団法人 日本心身医学会

被引用文献 (9)*注記

もっと見る

参考文献 (15)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ