納豆による遅発性アナフィラキシーを繰り返した1例

  • 鈴木 慎太郎
    横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンター
  • 中村 陽一
    横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンター
  • 川野 豊
    横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンター
  • 西岡 清
    横浜市立みなと赤十字病院アレルギーセンター

書誌事項

タイトル別名
  • A CASE OF "LATE-ONSET" ANAPHYLAXIS CAUSED BY FERMENTED SOYBEANS; NATTO
  • 症例報告 納豆による遅発性アナフィラキシーを繰り返した1例
  • ショウレイ ホウコク ナットウ ニ ヨル チハツセイ アナフィラキシー オ クリカエシタ 1レイ

この論文をさがす

抄録

症例は22歳の男性.アナフィラキシーショックで当院に搬送され,直前の食事内容と既往歴より青魚による食物アレルギーが当初最も疑われた.以後,抗原除去を指示して外来経過観察していたが,翌月,翌々月にもアナフィラキシーで来院したため,より詳細な問診を実施したところ被疑抗原として納豆が考えられた.精査入院し,抗原負荷テストを施行し,納豆50gを摂取後9時間後に膨疹など皮膚症状や胸痛を主としたアナフィラキシーが再現され,納豆による食物アレルギーと診断した.ここ数年,納豆によるアナフィラキシーの報告が散見され,摂取後半日経過してから症状を呈する「遅発性」アレルギーと称される特徴的なパターンを示すことが多いとされる.日本の伝統食品でもある納豆は近年海外でも健康食品として注目されており,納豆アレルギーの存在が周知されることが望ましい.

収録刊行物

  • アレルギー

    アレルギー 55 (7), 832-836, 2006

    一般社団法人 日本アレルギー学会

被引用文献 (3)*注記

もっと見る

参考文献 (5)*注記

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ