[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Correlation between subjective and objective rating of fatigue in VDT operations.

Bibliographic Information

Other Title
  • VDT作業による疲労の主観評価値と客観的測定値との相関
  • VDT サギョウ ニ ヨル ヒロウ ノ シュカン ヒョウカチ ト キャッカンテ

Search this article

Abstract

VDT (Visual Display Terminal) 作業による疲労感を主観評価により定量化し, 得られた主観評価値と生理機能の客観的測定値との間の相関を検討した.なお, 主観的疲労感の定量化は系列範疇法で行い, 生理機能の客観的測定値としてはCFF (臨界融合周波数) と眼の焦点調節機能 (CT : 緊張時間, RT : 弛緩時間, NP : 近点距離) の測定値を用いた.その結果, CFFは精神疲労, 自律神経失調および眼精疲労に関する自覚症状との相関が高いこと, また, CT, RTおよびNPは眼の焦点調節機能に関する自覚症状と相関があるが, この相関の程度は被験者により大きく異なることなどが明らかとなった.

Journal

Citations (4)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top