[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Development of Agrochemicals and Chemical Biology

  • Osada Hiroyuki
    理化学研究所基幹研究所 抗生物質研究室 ケミカルバイオロジー研究領域

Bibliographic Information

Other Title
  • 農薬開発とケミカルバイオロジー
  • ノウヤク カイハツ ト ケミカルバイオロジー

Search this article

Abstract

ケミカルバイオロジーは、化学を出発点にして生命現象の解明に挑む基礎研究分野であるが、医薬農薬の開発に直結する研究でもある。企業では、大規模化合物ライブラリーを整備して、目的の生物活性を示す(医薬農薬の候補)化合物をスクリーニングしている。しかし、官学の研究機関で大規模な化合物ライブラリーを整備することは、資金および人材の面から困難であった。そこで、理化学研究所では、天然化合物バンク(NPDepo)を構築し、アカデミアの研究者にも創薬を目指したスクリーニングが可能になるように、化合物ライブラリーを整備、配布している。本解説では、NPDepoにおける化合物ライブラリーの利用例と、薬剤候補化合物の標的同定法について述べる。

identifier:780645

identifier:ZZ20010122

Journal

Citations (0)*help

See more

References(19)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top