【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

教育番組を分類する基本的次元の抽出と放送時間との関係の検討

書誌事項

タイトル別名
  • Four Dimensions Used in Classifying Educational TV Programs
  • キョウイク バングミ オ ブンルイ スル キホンテキ ジゲン ノ チュウシュツ ト ホウソウ ジカン ト ノ カンケイ ノ ケントウ

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は,教育番組を分類する際にまず利用されるべき基本的次元を提示することであった.2004年1月の1週間に放送された番組のうち,民放連の取り組みに基づいて首都圏5局が「青少年に見てもらいたい番組」に指定した番組と,NHKが放送する教育番組計96番組を対象とし,各番組のもつイメージを,1番組あたり3名のコーダーに近江ら(2004)の尺度を用いて評定させた.評定データの因子分析の結果,「親近性」「力動性」「創造性」「具体性」の4つの次元が抽出された.これらの次元と番組放送時間との関係を検討したところ,午後に放送されている教育番組は,午前や夜の番組とは異なる性質をもっていることが明らかになった.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (5)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ