<b>自閉スペクトラム症のある大学生における自主学習の促進</b>

DOI 機関リポジトリ HANDLE Web Site オープンアクセス
  • 佐々木 銀河
    筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター
  • 青木 真純
    筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター
  • 五味 洋一
    筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター
  • 野呂 文行
    筑波大学人間系

書誌事項

タイトル別名
  • <b>Facilitation of Self–learning in a College Student with </b><b>Autism Spectrum Disorder</b>
  • 自閉スペクトラム症のある大学生における自主学習の促進 : 行動契約法を用いた学習に対する動機づけの向上
  • ジヘイスペクトラムショウ ノ アル ダイガクセイ ニ オケル ジシュ ガクシュウ ノ ソクシン : コウドウ ケイヤクホウ オ モチイタ ガクシュウ ニ タイスル ドウキズケ ノ コウジョウ
  • <b>行動契約法を用いた学習に対する動機づけの向上 </b>
  • <b>Improvements of Motivation for</b><b> Learning by Using a Behavioral Contracting </b>

この論文をさがす

抄録

<p>本研究では、自閉スペクトラム症のある大学生1 名に対して行動契約法を導入し、学生による自主学習が促進されるかを検討した。初回来談時のアセスメントの結果をもとに支援計画を立案した。まず、自主学習時において取り組む問題数を設定する目標設定を行った。その後、目標を書面化し、対応する強化子の提供等を明記した行動契約法を導入した。行動契約法の後で、再び目標設定のみによる自主学習の促進効果を評価した。その結果、目標設定のみでは自主学習は促進せず、行動契約法によって自主学習が促進されることが示された。この結果について、行動契約法で設定される強化子の設定・管理および障害学生支援としての意義について検討した。</p>

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ