社会科における主権者教育

書誌事項

タイトル別名
  • Citizenship Education in Social Studies: How to Create Policy Studies
  • 社会科における主権者教育 : 政策に関する学習をどう構想するか
  • シャカイカ ニ オケル シュケンシャ キョウイク : セイサク ニ カンスル ガクシュウ オ ドウ コウソウ スル カ
  • ―政策に関する学習をどう構想するか―

この論文をさがす

抄録

<p> 本研究の目的は、社会科(地理歴史科・公民科)授業における政策に関する学習の理論と方法を明らかにすることである。学校教育で主権者教育を実質的に機能させるには、社会科の役割が重要である。政治問題を巡る対立状況、その原因となる政治的価値観の相違、これらを教材化して、社会科授業で児童生徒に政治的論議を経験させることは、社会科教師の使命とも言える。そして、その際に注目すべき学習論が、政策に関する学習である。</p>

収録刊行物

  • 教育学研究

    教育学研究 84 (2), 155-167, 2017

    一般社団法人 日本教育学会

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ