フランスにおける多層的政府間関係と競争力重視の地域政策

  • 岡部 遊志
    日本学術振興会特別研究員 東京大学大学院生

書誌事項

タイトル別名
  • Multilevel Intergovernmental Relations and Competitiveness-Oriented Regional Policy in France: Case Study of the Franche-Comté Region
  • フランスにおける多層的政府間関係と競争力重視の地域政策 : フランシュ・コンテ地域圏を事例として
  • フランス ニ オケル タソウテキ セイフ カン カンケイ ト キョウソウリョク ジュウシ ノ チイキ セイサク : フランシュ ・ コンテ チイキケン オ ジレイ ト シテ
  • ——フランシュ・コンテ地域圏を事例として——

この論文をさがす

抄録

本稿ではフランシュ・コンテ地域圏を事例として,多層化した政府間関係に注目しながら,競争力に重点を置いた地域政策の展開を分析する.地域政策の制度的側面に関して,権限は地域圏政府とグラン・ブザンソンに配分されているが,予算的な裏付けは地域圏政府のみにあり,政府間関係は地域圏政府を中心に成り立っている.実際においては,地域圏政府が競争力発揮の可能性が高い地域を支援し,他の地域には,その他の主体が予算負担することで配慮がなされ,結果として,地域圏内全体として競争力の向上が図られるかたちになっている.逆に実際の産業の転換に際しては,地域圏政府以外の主体も大きく関わっている.地域の中心的産業であった時計産業の衰退に対して,フランシュ・コンテ地域圏では多くの行政主体が関わってマイクロテクニクス産業への転換を促している.こうした方向への合意は必ずしも十分ではなかったが,地域圏政府などに刺激され,企業や研究機関,地方行政主体などが産地形成に向かって一体となって動いている.

収録刊行物

参考文献 (37)*注記

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

問題の指摘

ページトップへ