Mapping potential habitats for 53 forest communities: exemplified usage of data collected through national vegetation survey

Bibliographic Information

Other Title
  • 自然環境保全基礎調査植生調査データを用いた森林群集・群落の潜在的分布域の地図化
  • 自然環境保全基礎調査植生調査データを用いた森林群衆・群落の潜在的分布域の地図化
  • シゼン カンキョウ ホゼン キソ チョウサショクセイ チョウサ データ オ モチイタ シンリン グンシュウ ・ グンラク ノ センザイテキ ブンプイキ ノ チズカ

Search this article

Abstract

自然環境保全基礎調査の第6回(1999~2004年)・第7回(2005~2009年)植生調査では,11572地点で現地調査が行われ,それぞれの地点の植生に対して統一凡例が付与されている.この中から20地点以上で分布が確認されている53の森林群集・群落の空間情報を得た.次に,1kmメッシュで入手できるWI(温量指数),CI(寒さの指数),年降水量,最深積雪量,地質区分,最大傾斜角を説明変数としてMaxent解析を行い,それら群集・群落の分布決定要因を抽出した上で,潜在的分布域地図を描いた.そして,国によって進められ蓄積されてきている植生調査データの活用に係る展望と必要性について,意見を述べた.

Journal

Citations (1)*help

See more

References(9)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top