【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Pātañjalayogaśāstravivaraṇa作者の認識論

書誌事項

タイトル別名
  • The Epistemology of the Author of the Pātañjalayogaśāstravivaraṇa
  • The Epistemology of the Author of the Patanjalayogasastravivarana

この論文をさがす

抄録

<p>『ヨーガスートラ』とその注釈『ヨーガバーシュヤ』(両者を一つとしてPātañjalayogaśāstra)に対するシャンカラに帰せられる復註Pātañjalayogaśā­stravivaraṇaは Pātañjalayogaśāstra 1.7に対する注釈において自身のpramāṇa論を展開する.本稿は,その中で『ヴィヴァラナ』の著者が pratyakṣa を論じる箇所を取り上げる.</p><p>まず,新たに作成中の批判校訂版に基づきVivaraṇaのpratyakṣa論の構造をアウトラインとして提示し,どのようにVivaraṇaの作者が自らの論を展開するために『バーシュヤ』のテキストを織り込んでいるかを見ていく.</p><p>その中でさらに『ヴィヴァラナ』の作者が独自の哲学を展開している場面を観察する.その一つはyogipratyakṣaとmānasapratyakṣaとしてしばしば論じられる二つの知をヨーガ派のpramāṇa論に取り入れる努力を著者がする場面であり,もう一つは著者が究極にはpramāṇa は偽であると主張する場面である.</p><p>最後に,『ヴィヴァラナ』作者のpramāṇaは最終的には偽であるという立場と『ブラフマスートラバーシュヤ』の作者であるシャンカラのpramāṇaに対する懐疑的な態度とを比較する.</p>

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ