【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

学校の中の発達性協調運動障害について

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • On Developmental Coordination Disorder in School Children
  • Problems with Visual Efficiency in Reading
  • 視覚効率から見た読みの問題

抄録

知的能力や言語に遅れがなく, また主要な感覚の障害あるいは麻痺などの運動機能に関わる疾患がないにも関わらず, 運動技能に困難さを示す子どもたちがいる。このような障害は発達性協調運動障害 (DCD) と呼ばれ, 子どもの学習や日常生活において問題を生じさせている。従来から「不器用」という言葉で認識されていたこの障害が, 公式の国際的な分類体系の中で, 独立した障害として認識されるようになったのは, ごく最近になってからである。本稿では, 特に, DCDの学習への影響として, 眼球の協調運動の問題と読み能力について言及し, 読みに問題がある子どもの半数以上に眼球の協調運動の問題が確認されたという調査結果を紹介した。さらに, このような協調運動における問題が2次的に自己認知や社会的有能感の低下を生じさせるという報告もあり, 一人ひとりに応じた心理教育的援助の必要性が大きいと考える。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1390282680435017984
  • NII論文ID
    130004697780
  • DOI
    10.5926/arepj1962.43.0_166
  • ISSN
    04529650
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • Crossref
    • CiNii Articles
    • KAKEN

問題の指摘

ページトップへ