【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

中性化および乾湿繰返しを同時に受けるコンクリート中鉄筋の腐食機構に関する研究

  • 仁平 達也
    社団法人 土木学会 財団法人鉄道総合技術研究所 元 早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻
  • 井原 啓知
    社団法人 土木学会 早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻
  • 関 博
    社団法人 土木学会 早稲田大学理工学部土木工学科

書誌事項

タイトル別名
  • CORROSION MECHANISM OF REINFORCING BAR EMBEDDED IN CONCRETE DAMAGED DUE TO NEUTRALIZATION AND UNDER ALTERNATE DRYING AND WETTING CONDITIONS
  • チュウセイカ オヨビ カンシツ クリカエシ オ ドウジ ニ ウケル コンクリート チュウ テッキン ノ フショク キコウ ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

抄録

従来, 鉄筋コンクリート構造物は耐久性に優れていると言われてきたが, 近年塩害, アルカリ骨材反応, 中性化などの単独要因および複数要因による劣化が報告されている. 本研究では, 大気環境下にある実構造物すべてに起こりうる中性化に着目した. 実環境により近づけるために, 中性化と乾湿繰返しを同時進行させて中性化が進行する際における埋設鉄筋の腐食進行の経時変化を調べた. 特に中性化の進行に伴う自然電位の変化に着目し, 中性化残りと自然電位の関係式を導いた. 得られた関係式を利用し, 経時変化を考慮した中性化による鉄筋腐食食の解析モデルを構築して, 実験値と比較しその妥当性を検証した. また, 中性化および乾湿繰返し作用を同時に受けるコンクリート中の鉄筋腐食量推定式を提示した.

収録刊行物

  • 土木学会論文集

    土木学会論文集 2004 (753), 65-79, 2004-02-20

    公益社団法人 土木学会

被引用文献 (2)*注記

もっと見る

参考文献 (23)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ