【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

技術のオントロギー : イヌイトの技術複合システムを通してみる自然=文化人類学の可能性(<特集>技術を語る民族誌の新たな地平)

DOI

書誌事項

タイトル別名
  • The Ontology of Technology : Considering the Potentiality of Natural-Cultural Anthropology through an Analysis of the Inuit Technological-Complex System(<Special Theme>New Horizon of Ethnography on Technology)
  • 技術のオントロギー : イヌイトの技術複合システムを通してみる自然=文化人類学の可能性
  • ギジュツ ノ オントロギー : イヌイト ノ ギジュツ フクゴウ システム オ トオシテ ミル シゼン=ブンカ ジンルイガク ノ カノウセイ

この論文をさがす

抄録

本稿の目的は、カナダ極北圏の先住民、イヌイトの人びとの間にみられる一連の諸技術を一つの事例に、「自然=人間(社会・文化)」の一元論的視点から人類の技術の営みを世界生成の機械として捉える自然=文化人類学の技術複合システム論を提示し、その可能性を探ることである。そのために、本稿ではまず、イヌイトの生業システムについて検討し、その生業システムによって、「自然」も「人間」もない一元的な世界から、イヌイトやさまざまな野生生物など、さまざまなカテゴリーが絶え間なく産出され、一つの秩序化された生活世界が持続的に生成されてゆくメカニズムを明らかにする。そのうえで、この生業システムがイヌイトのさまざまな技術の営みを組織化する統辞法になっていること、すなわち、この生業システムによって、野生生物を含めた生態環境とのかかわり合いをめぐる技術と知識から、社会関係をめぐる社交の技術にいたるまで、イヌイト社会にみられる一連の諸技術が、一貫した技術複合システムとして安定的かつ柔軟に組織化されている様子を追跡する。そして最後に、このイヌイトの技術複合システムの考察を通して、「自然=人間(社会・文化)」の一元的な存在論から出発し、人類の技術の営みを世界生成のための機械として捉える自然=文化人類学の視座を提示し、その自然=文化人類学の視座が人類の技術の研究に対して拓く可能性について考える。

収録刊行物

  • 文化人類学

    文化人類学 77 (1), 105-127, 2012

    日本文化人類学会

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1390282680779898240
  • NII論文ID
    110009479495
  • NII書誌ID
    AA11958949
  • DOI
    10.14890/jjcanth.77.1_105
  • ISSN
    24240516
    13490648
  • NDL書誌ID
    023883446
  • 本文言語コード
    ja
  • データソース種別
    • JaLC
    • NDL
    • CiNii Articles

問題の指摘

ページトップへ