【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

まぐろはえ縄漁業における混獲回避技術の開発と評価

  • 横田 耕介
    独立行政法人水産総合研究センター開発調査センター

書誌事項

タイトル別名
  • Development and Evaluation of Bycatch Mitigation Measures in Tuna Longline Fishery
  • 平成25年度 学会賞受賞講演 まぐろはえ縄漁業における混獲回避技術の開発と評価
  • ヘイセイ 25ネンド ガッカイショウ ジュショウ コウエン マグ ロハエ ナワ ギョギョウ ニ オケル コンカクカイヒ ギジュツ ノ カイハツ ト ヒョウカ

この論文をさがす

抄録

There is a growing need for ecosystem-based fisheries management. Proper assessment and management of the impacts of fisheries on non-target (bycatch) species are required. Scientists have conducted various research and development to solve the issues in the interaction of tuna longline fisheries with the bycatch species worldwide. Recently, tunas Regional Fisheries Management Organizations (RFMOs) have implemented Conservation and Management Measures (CMMs) for bycatch species (e. g., seabirds and sea turtles). In Japan, the author have developed and evaluated various mitigation measures for reducing bycatch and/or mortality of seabirds and sea turtles in tuna longline fishery. The present paper introduces several approaches of the bycatch mitigation measures (tori line and side setting for seabirds, and circle hook, bait modification and de-hooking device for sea turtles) based on fishing gear technology, highlighting some interesting topics.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ